生きているということ展

/ Blog Post Your Comment

エリーさんの「生きているということ展」通称”こと展”が、いよいよ本日より渋谷パルコ3F PARCO MUSEUMで開催された。

前回の「思いを伝えるということ展」通称”こと展”に続き、第2弾となる今回はタイトルの通り「生きているということ」がテーマだ。

「思いを伝えるということ展」同様、展示にはテーマに沿ったエリーさんの言葉がふんだんに盛り込まれていて、今回は入口から番号を追っていくことで順次読み解いていくことが出来る。その番号を探しながら文章を追っていくことが一つの楽しみでありまさに体験型という展示を体感できる。

実は俺、文章を読むのがとても弱い。
読んでいる途中になにか違うことを考えちゃう癖があって、読んでいる内容が途中から頭に入ってこなくなっちゃうのだ。

しかしながら今回俺は集中して読み解くことができた。
何故かというと前回の展示より一層、入口から出口まで世界観が統一されていて入りやすいのだ。
あと音楽がいい。匂いもいい。感触もいい。
俺が最初に展示を見た時は、まだ設営準備段階だったけど、いくつかグッとくる言葉があって泣きそうになったが、
エリーさんに感想を聞かれた時、恥ずかしいからただ「いいね。」と足蹴にしたくらいだ。

恐らく展示をすべて見るには1時間くらいかかると思う。
そしていい意味でドッと疲れるだろう。足が。
それと子供もとても楽しめる展示で、走り回ったりかくれんぼしたりする様が想像できる。

あと今回、俺は映像で参加させてもらっているのだ。
普段L.E.D.などのVJライブで使っている映像を元に何カ所か演出させてもらった。
多少迷惑になるかもしれないが、座ったり寝転んだりしながら見てほしい。

2月18日までの2週間のみなので早目に足を運んでくださいな。

大宮エリー「生きているということ」展
期間:2013/01/25(金)-2013/02/18 (月) 10:00~21:00 
※ 初日・最終日は18:00閉場
※ 入場は閉場の30分前まで
会場:PARCO MUSEUM パルコミュージアム 渋谷パルコ パート1/3F
入場料:一般500円・学生400円・小学生以下無料
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=531