これがnegoのVJセット図

/ Blog Post Your Comment

これがnegoでのVJセット図。

見ても分かるようにVJにしては、多すぎる。
そして持ち運びがすごく大変だ。
あと機材を忘れてきてしまったら大変だ(実は去年一度忘れちゃったことがある)。
加えてVJのくせにスペースを取るので邪魔だ。ライブハウスでは申し訳なさそうにでっかいテーブルを用意してもらうことになってしまう。

そしてスタジオで新しいことをやろうとする時や映像と音を同時に切り替えたり、エフェクトを加えようとすると、どう考えても俺の手が3本必要になってしまうことがある。

そこで3本目の手を生やす努力より機材を一新しようと思ったのだ。

この機材をまるっとPC1台に集約するという荒技だ。

今までVJのソフトは、GrandVJというものを使っていたのだが、このソフトをまずResolume Avenueに変更する。

このResolumeは、GrandVJ同様複数のレイヤー映像を合成することが出来、音声出力にも強い。各種エフェクトも満載。そして比較的安い。
あと独自のコーデックDXVは、今のところ画質も良くてコマ落ちもしない。今までの素材をすべて再エンコードする必要があるけど画質が良くなるということはこのタイミングでやるのがベストだろう。

そしてMIDI同期も強い。昨日のスタジオでは試せなかったがAbleton Liveとクリック同期して音声と映像を同時に操作が出来る。。。はず。。。

これがすべて思っている通りに組むことが出来れば、もはや俺はライブで曲始めにワンクリックするだけで済むのだ。
あとは腕を組んでニヤニヤしてるだけ。

ってことにはならないけど、もはやライブVJとして音との同期が当たり前のものになってきて、その同期にライブ中に注力を注ぐよりnegoでは同期部分はパソコンさんにお任せしつつ、俺はVJとして次のレベルのことがやってみたい。具体的なことはこれからライブをしながら見つけていくことになると思うけど。

とりあえずその新バージョンをお披露目できるのは、3月29日nego&PLUG presents「DISSECTED」@渋谷PLUG

しかしながら新セットにはお金がかかる。
ソフトの購入やPCの一新など。
今は新セットを試しながらもどうやって嫁にバレずこっそりお金を用意するかの方が大変だ。
もしPLUGでたくさんの機材を重そうに持ってたら、新セットうまくいかなかったもしくは、お金がなかったんだなと思ってください。