浜松城は出世する。

/ Blog Post Your Comment

結論から言うと、また朝フルチンで起床した。

先週末、大学の友人である宮前の結婚式に出るため浜松へ向かった。
宮前はご存じの通り大学入学時、宮沢である俺の後ろの席に宮前がいた。ちなみに前の席は三宅だ。
宮前とはそれから卒業までずっと一緒だった。
思い返せば大学生活で一番一緒にいた人物である。
宮前は寡黙ながらもお笑いやゲーム、音楽、ラーメン、中華など相当な凝り性で、自分のおしっこを飲むという飲尿療法をやっている変態野郎である。
卒業以降地元の浜松に戻ってしまったけど、そんな宮前がめでたく結婚をするということでお祝いに向かったのである。

挙式は、出世城で有名な浜松城の袂で天気もよく滞りなく行われた。
披露宴もにこやかに行われ、一緒に行った川ちゃんと民也とですっかり酔ってしまった。

問題は2次会以降である。
宮前らとは離れ、川ちゃん行きつけのカラオケスナックに向かった。

極度の人見知りである俺はスナックでしかも知らない人の前でカラオケなんて恐怖でしかなかったが、マスター(ゲイ)の軽快なトークで一気に馴染んでしまったのだ。浜松の人の良さに感動した。
ちなみにこの段階で川ちゃんの友達という下ちゃんが俺の隣にいつの間にかいた。その隣にはひたすらアイドルソングを歌うおじいちゃんがいた。
この段階からやや記憶が曖昧なので思い出しながらこのブログを書くことにする。

まずそのスナックに何時間いたか分からないが、俺は終始カウンター越しのギャルの名前を当てようとしていたようだ。結果、名前が妹と一緒だったのですごく複雑な気持ちになったことを覚えている。

スナックを出たところ、俺らのグループは30人くらいになっていた。
知らない外人と俺のことを知っているというキャップを斜めに被ったマッチョや身長がすごく小さいギャル男など。
それから看板もないクラブに連れて行かれた。
入ってみると店員もお客もみんなブラジル人だ。
川ちゃんは入口でセキュリティの黒人に「バカ!ヤロウ!」となぜか怒られていて俺は「ワッツ、ハップン」を連呼していた。それでも中に入ることができて、自分のツイッターを見返すとレディガガがかかっていてゲイが踊っていたようである。というか、浜松はゲイが多いのだろうか。

その後、宮前から連絡が来て、再び結婚式メンバーで合流することができた。
恐らく宮前から連絡が来なかったらホテルにも戻れず俺もゲイの仲間入りをしていただろう。
そこからは大体覚えている。ワインを飲んだ後、ホテルに戻った。たしか時間は深夜3時だったと思う。

ホテルといえば、そう、ペイチャンネルだ。
みんなと別れた後速攻でカードを買った。
しわくちゃになったスーツを脱ぎ捨て、準備万端でリモコンを握った。

しかし、なにも映らない。
カードを入れたり出したり、説明書を読み返したりと眠気との格闘だった。
ここで心が折れたら男が廃ると思い、俺はフロントに電話した。
「すいません、有料チャンネルが映らないんですが、」
「カードは購入されましたか?」
「はい、今手に持って何度も入れたり出したりしています」
それからホテルのボーイさんが俺の部屋に入ってきた。
俺は、今、トランクス一枚だよと思いながら、ゲイだったらどうしようと思いながら。
約10分ほど、ボーイさんと俺は有料チャンネルがどうしたら映るのか格闘した。

深夜4時。
ボーイさんは心が折れたようだった。
俺は、名前と住所をパンツいっちょで紙に書かされ、カード代1000円を返してもらうことになった。
結果、浜松に来て俺は出世どころか個人情報をさらしながら有料チャンネルを必死に見たがるおじさんに成り下がったのだ。

で、朝だ。
きっと、妄想をかき立てようとしたがそのまま寝てしまったのだろう。
なぜなら周りにティッシュがなかったし。

それから極上の二日酔いをお土産に愛する嫁のもとに帰ったのでした。
宮前結婚おめでとう!

【次回のVJ】
L.E.D. “in motion” RELEASE ~HEARTY~ PARTY in Enoshima OPPA-LA
日程:2013年6月22日(土) 会場:江ノ島OPPA-LA
[LIVE]L.E.D. / tickles
[DJ]YOGURT(Upsets/Upset Recordings) / SICK(ChainReaction/Figaro) / OSG
[VJ]mitchel
[FOOD]MINAMI CURRY&SOUP. / FRIFRI

  • タッツ

    書き出しから面白さを確信しました!

    • mitchel

      じゃかしいわ!!

  • アフロ

    品がなくて素敵ですね

    • mitchel

      アフロさん
      お褒め頂きありがとうございます。これからも品の無さを追求していきます。
      そろそろウナギ食べ行きましょうね。