変装の達人。

/ Blog Post Your Comment

今年もよろしくお願いします。

実は新年早々ブログを書いてアップしたが暗い感じになってしまったので、これはいかんと思い消したのだ。
2014年元気いっぱいにスタートしなければ。

image

まず今年の目標だが、今年はスパイになろうと思う。
なぜなら正月からずっとスパイの海外ドラマを見ているからだ。
スパイと言ってもアクション満載というよりは情報操作や心理戦など比較的地味な感じが多い。

時代は情報戦なのである。
ということで、俺はスパイになるべくまずはたくさん勉強をしようと思う。今まで曖昧だったことを突き詰めてみることにしよう。
実は会話の流れでよく俺は知ったかをしてしまうのである。シッタカミッチェだ。特に電話。正直、何を言っているか全く分からない時でも「了解です!張り切って頑張ります!」と言い放つ時がある。
仕事の話なら危険だ。電話を切った後急いでメールをチェックして再度確認することになる。
そういう意味でもシッタカミッチェは治さなければならない。あらゆる知識を身につけて自信に満ち溢れた対応をしなければ一人前のスパイにはなれない。

あとスパイといえば変装だ。
最近、「後ろ姿やシルエットだけでもミッチェって分かるよ」と言われたので、そういう意味では変装から程遠いとこに俺はいるようだ。まずはバレない為にも姿勢を正し体重を落とし、当たり障りない風格で世間に溶け込まないといけない。コッソリミッチェにならなければ。うまくいけば、いつかこっそりあなたの後ろにコッソリミッチェがいるでしょう。

あと何事にも一流でなければならない。逆に初心の気持ちも理解しなければならい。そうじゃないとあらゆる人と対等に自信を持って接することが出来ないからだ。マルチミッチェだ。

さらに知り合いをたくさん作っていい関係を築くことも重要だ。
ずっとこれまで仕事だったり制作だったり何かに没頭すると一つのことしか考えられなくなっていまう。そのため、折角仲良くなった友達も疎遠になってしまうのだ。そのためにはマメに連絡を取り合う必要がある。マメミッチェだ。

と、ここまでスパイになるためにまずは色々なミッチェになる必要があるが、そもそもスパイは誰にバレてもいけないので、「俺はスパイになる!」と、公言すればするほどスパイにはなれない事に今気づいたのでした。

今年もよろしくお願いします。
※冒頭の写真は約40年前の父親です。彼は今、頭がツルツルです。ツルツルの変装です。

ROVO and system7 and 俺 at 台湾

/ Blog Post Your Comment

そう、ROVO and system7アジアツアーが終了した。
正直、すごく楽しかった。

台湾初日は夜現地に到着し、スタッフとROVOメンバーで夜市へ。

写真 2013-11-28 20 46 02

写真 2013-11-28 20 46 45

写真 2013-11-28 20 47 59

写真 2013-11-28 20 58 59

夜市は、まずすごく臭い。
臭い原因はあとで説明するとして、美味そうなものがいっぱいなのだ。

写真 2013-11-28 21 01 00

これ、蒸し餃子。すごく美味い。皮がモチモチで中身がジューシー。月並みな表現だがまさにそんな感じ。
そして、臭い原因がこれ↓

写真 2013-11-28 22 38 22

臭豆腐。
芳垣さんも高田さんも佐竹さんも是非食べてみたいとのことで、僕も一口頂いたが、とても食べれるものじゃなかった。。
どうにか飲み込んだが、後味も臭い。。
そして、山本精一さんに勧めてみた。
精一さん食べた後、「ミッチェ君、これね、ウンコだよ。ウンコ。」ハッキリそうおっしゃって僕のタバコを拝借された。
正直、それまでに食べた絶品料理の味をキレイさっぱり忘れ、絶望だけが残った感じだ。

写真 2013-11-30 0 51 13

それから台湾の街を徘徊。
「オッパイニセンエン!」「オッパイニセンエン!」と連呼するおばちゃんに「恥ずかしいからついてこないでよ。」と言う勝井さんについていきながら、2軒目の料理屋に。
激ウマ腸詰をつまみにひたすらビールを頂きとても満足な台湾初日を迎えた。

ホテルの部屋は、ツインで照明の高田さんと一緒だった。

写真 2013-11-28 19 51 17

お分かりだろうか、トイレと風呂が透けているのだ。
僕は、高田さんに是非先に風呂入ってくださいと促し、高田さんの透けた裸体をつまみにさらにビールを頂いた。
恐らく高田さんも俺の裸体をつまみにウィスキーを頂いていただろう。

そして翌ライブ当日。

写真 2013-11-29 11 35 10

会場のLegacyは、アートスポット的な場所にある倉庫を改造したライブハウスでとてもとてもおしゃれな場所。

写真 2013-11-29 11 39 08

火の鳥の漫画も搬入され、準備を進めた。

そして、ここにきて最大の難関がきた。
プロジェクターのセッティングが出来ない。。。
正確に言うと、英語がしゃべれないので会場のスタッフにお願いの仕方が分からないのだ。。
しかしながらあたふたしている僕を見かねてか、キャップを被ったナイスガイがプロジェクターの設定を始めてくれたのだ。
しかし、投影サイズがでか過ぎて絵が見切れてしまう。
俺は、「モアスモールプリーズ」「モアビックプリーズ」この2つの英語でどうにかお願いすることが出来た。
だが、どうにも納得がいかなくて、何度もナイスガイを呼び出しては「モアスモールプリーズ」をお願いしてしまったのだ。
さすがにナイスガイもイライラしていただろう。
そして俺は「ソーリーセンキュー」を繰り返し、典型的な日本人サラリーマンになったのだ。

写真 2013-11-29 22 48 42

もちろん、ライブは大成功。
サイン会も大好評だった。

そして翌日朝帰国。

本当にいい経験をさせてもらった。
ROVO and system7のツアーに参加できること自体素晴らしいことだが、手塚治虫の名作「火の鳥」に関われるということ、信じられないことだった。
思い返せば俺の初めて買った漫画は「火の鳥」だ。
手塚るみ子さんにはツアー中も大変励まして頂きつつVJとしてのアイデアも頂いた。本当に感謝だ。
改めてツアーに誘ってくれた勝井さん、小川さんはじめROVO and system7のメンバー、スタッフのみなさん、そして遊びに来てくれたお客さん、ありがとうございました。

さあ次は今週金曜日nego初のワンマンライブ「THE WORLD」だ。
http://dubphalanx.com/

ROVO and System7 and 俺。

/ Blog Post Your Comment

そう、ROVO and System7のVJに抜擢された。
あのROVOだ。そしてあのsystem7だ。
とてつもないプレッシャーだ。

というか、もう名古屋、大阪と公演を終えてしまった。

tumblr_mweujpSqIG1rr2ywwo1_500

ROVOといえばあの迫田遥さんが長年VJを担当したバンドだ。
ご存じだろうか、俺は迫田さんのVJを初めて見て、そしてVJを始めた人間なのだ。
迫田さんが作り出すステージは、今まで想像していたVJとは違うものでバンドと一体になりながら映像そのものの良さを見てる人に伝えるVJだった。「VJってこういう表現方法もありなんだ。」と、思ったのだ。というかVJになにかこうしなきゃならないことはないんだなと思ったのだ。

それから約5年くらい。
俺のVJには特質すべきものはない。
それはVJバトルで華麗なる初戦敗退するくらいだ。
強いて言うなら自分の好きな映像を好きな音楽に好きなように出しているということだ。
というかVJみんなそうか。。
それでも好きな映像をミュージシャンのみんなとあーだこーだ言いながらお客さんに楽しんでもらうのが何より好きなのだ。

先日、旅人さんはGOMAさんのライブVJを見て俺に言った。
「ミッチェのVJは愛がある。」と。

山本精一さんは俺に言った。
「遥ちゃんは、美人だ。」と。

そう、俺は美人に成りきれてないが”愛”という名の好きな気持ちが誰にも負けないくらい強いのだろう。

ROVOとsystem7それぞれとてつもなくカッコいいが、先日リリースされた「Phoenix Rising LP」というアルバムがすこぶる最高だ。
なので今回のツアーには”Phoenix Rising”もしくは”Hinotori”という明確なテーマがある。
映像でいうと、


だ。
映像の制作はMood Magic

そして俺はライブでこの映像と自分の映像をミックスしながらVJで演出することになる。
憧れの映像と自分の好きな映像を見てもらえる機会なんてそうないだろう。

既に名古屋、大阪と大盛況のライブを終えた。
この流れで東京、台湾と精度を上げながら迎えたい。

しかしながらROVOのメンバーはご存じの通りすごい人だが、スタッフもすごい。
手際の良さ、ライブ中のケアなどなど10年以上一緒にいるチーム力は半端ない。
経験の浅い俺は全てが新しく見えて勉強になる。
出来れば俺もそのチームにこっそり入りたいと思ってツアーに挑んだのだ。

そしてライブ終了後、仲良くなるなら打上げだろうと思い、張り切って飲み会に参加した。
するとどうだろう、なんと会話が半分くらい英語だ。
ご存じの通り俺は英語がしゃべれない。
そして人見知りだ。
チームROVOのハードルはとても高いものだったが酔っぱらってしまえばどうにかなるもんで、少しは自分のことを知ってもらえた気がする。

次のライブは24日(日曜日)、場所は東京・新木場スタジオコースト。
スタジオコーストと言えば何年か前にバーカウンターの上で踊るギャルのパンチラをチラチラ見たことがあるあの場所だ。
既にタイムテーブルがfacebookで公開されている通り、ROVOとSystem7のライブをそれぞれおこなった後、ROVO and System7のライブとなる。俺のVJは、今のところROVO and System7からでそれまで高田さんのスーパーライティングショーでの演出となる。

見てほしい。見に来てほしい。
そして踊り狂ってほしい。

1461859_758345020859387_2136086129_n

夫婦の日。

/ Blog Post Your Comment

今日は22日なので夫婦の日だ。
ちなみに来月の22日だと11月なのでいい夫婦の日だそうだ。

397995_452525101463514_1632443136_n

自慢になってしまうが最近俺ら夫婦を褒めてもらう機会がある。
これもすべてSNSにおける”リア充”アピールの賜物じゃないかと思う。

自分でも実感しているが俺はものすごくポジティブだ。というかそうしている。
もちろんストレスが大量に溜まってしまい、愚痴だったりをこぼすこともある。
特に酒を飲むとうざいくらい声がでかくなって気持ちも大きくなってしまう。
だから日々謙虚にそして前向きに物事を捉えるよう心がけているのだ。

俺の嫁は、その点ものすごく人間味があって感情の赴くまま、泣いたり笑ったり怒ったり激しい。
俺はそういう部分がとてもとても好きなのだ。
よく喧嘩もするが怒っていてもテレビで面白い番組がやっていたら笑ってしまう。
そんな感じ。

そして我が家にはもう一人欠かせないメンバーがいる。
ハムスターの白子だ。

白子は約3年前宮沢家にやってきて今月の25日で3歳になる。人間で言うともう100歳以上だそうだ。

食欲旺盛でいつも何か食べている。もしくはほっぺたに大量のひまわりを溜め込んでいる。とても食いしん坊だ。
そしていつも走っている。回し車はもちろんのこと、籠から出すとどこまでも走っていくのだ。たまに止まったかと思うと顔をしゃかしゃかする。それ以外は常に前へ前へ進んでいくのだ。
夜になると嫁のイビキと白子の回し車でとても寝ることが出来ないくらいだ。


この動画を見てもらえば猪突猛進、無我夢中に元気いっぱいの白子がわかるだろう。

白子が寝る時は必ず小屋や綿に隠れるのでほぼ寝てるところを見せてくれない。
そんな白子はまさに日本が誇る典型的な働き虫のサラリーマンに思える。
ただし白子は疲れたサラリーマンではなくいつも笑顔なのだ。
いつももぐもぐしながら一生懸命ブロッコリーを食べる愛くるしいその笑顔は俺らを幸せにしてくれる。


こんな感じだ。ちなみにこの動画はnegoのPVより再生されてるくらい人気だ。

そんな白子と毎日触れ合いながら生活してるからこそ、僕ら夫婦がいつもポジティブにそして何事も前向き考えることが出来るのだろう。
現にエミは白子の写真を撮っては日々ニヤニヤしながら俺に写真送ってくれる。
俺もエミが名古屋に行ってる時、白子と晩酌させてもらっているのでさみしくない。
白子に僕ら夫婦は支えられているのだ。

今日22日、白子はハッピーランドへ行ってしまった。
満面の笑みを浮かべていた。
そして右のほっぺに大量のエサを溜め込みながら。
旅立つ時も元気いっぱいだ。

向こうでちゃんと走ってるか、
ちゃんと食べれているか、
ブロッコリーはあるのか、
モコモコでフカフカの綿布団はあるのか、
おしっこはちゃんとトイレでできるのか、
知らない人に噛みついてないか、
「ジー!ジー!」と女の子らしからぬ声をだしてないか、
逆さにひっくり返ったら元に戻してくれる人はいるだろうか、
いろいろ心配事はあるけど白子なら大丈夫だろう。なぜなら宮沢家の一員だから。

俺とエミと3人で過ごした人生は幸せだったかな。
ただただ俺は感謝しかない。
白子、ありがとうね。
 
SONY DSC

SONY DSC

20130321_1607349

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

iphone_takashi

nego 2013年最大の勝負

/ Blog Post Your Comment

world

そう、nego初のワンマンライブ開催が決定した。
場所は、渋谷Lounge NEO。
不良の集まるあの場所、あのビルの上だ。
実は俺自身あまり馴染みがない。
というのもステージが普段ないのでバンドのライブを見る機会がないからだ。

とはいえ俺はここでVJをしたことがある。
忌まわしきVJバトルでだ。
華麗なる1回戦敗退を期したこの場所は俺にとって越えなければならない鬼門なのだ。
そこでnego初のワンマンライブとなる。

Lounge NEOに行った人は分かると思うけど、ここは天井が球体になっている。
なのでVJにとっては腕の見せ所で360度(正確に言うと300度くらい)見渡す限り映像を映すことができるのだ。
ここでPAナンシーによる爆音と俺の超絶映像を体感することが出来る。

またワンマンライブならではのnegoらしいライブをこっそり考えている。
ゲストも呼ぶ。トシ君が頑張って今声をかけている。
ガンちゃんは某タブラ奏者に怒られないようタブラを一生懸命練習している。
中島君はもうビールを浴びるように飲んでテンションを上げている。
俺はまだ何にもやってないけど、超絶映像を仕込むため、まずはパンを上手く焼けるよう日々鍛錬を積み重ねている。
ワンマンまでに上手く焼けなかった場合は、パンを映像にして360度(正確に言うと250度くらい)天井に映し出します。

12月6日金曜日の19時。
約3時間ほどのイベント時間もちろん頭から最後まで見逃せないはず!

初のワンマンライブにして1回戦敗退とならないよう是非来てもらいたいと思っているのでした。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
2013.12.06(FRI)
nego Presents「THE WORLD」-nego ワンマンライブ-@渋谷LOUNGE NEO
OPEN/START 19:00/19:30 ADV 2000 / DOOR 2500 (+1D)
【LIVE】nego 【DJ】kuniLopez

渋谷LOUNGE NEOにてnego初のワンマンライブ決定!
1st Album「DUB PHALANX」時代の曲から未発表の新曲に加えタブラセッションまで、ワンマンライブでしか実現できないnego渾身のロングセットを「THE WORLD」というタイトルで開催します。 LOUNGE NEOのドーム状の天井に映し出された複数の映像が観る者を包み込み、negoが創造する唯一無二の世界を360度体感出来ます。 negoが創る新世界”THE WORLD”、2013年の締めくくりに是非ご来場下さい。

2013年、夏の思い出。

/ Blog Post Your Comment

忙しすぎて9月バツッと抜けてしまった。
なのでマルッと溜まってしまった夏の思い出を写真で振り返る。

写真 2013-08-25 18 03 37
こちら、お盆に実家へ帰った際、焼いた餃子。
味は母親がつけた。するとどうだろう懐かしい実家にいたころを思い出した。
母の味ってほんとにあるんだよ。

写真 2013-08-28 17 54 58
こちらはエリーさんのGGGで開催された大宮エリー展での展示。
今回手伝うことが出来なかったが、里道夫婦が駆り出され渾身の作品になったようだ。

写真 2013-09-01 14 08 14
ふと、レンタカーを借りて箱根彫刻の森美術館へ向かう。

写真 2013-09-01 14 57 11
こちらも彫刻の森

写真 2013-09-01 15 01 26
彫刻の森は、広大な敷地に斬新な展示ですごく居心地がよかった。
のんびりするには最適な場所。

写真 2013-09-02 21 07 52
これは北澤さんと初めて訪れた方南町「一心太助」という居酒屋。
メニューに全て¥300と書いてあったのでうな丼を頼むと「それは¥500円です。」言われた斬新なお店。
頼んだエビフライはボリューム満点でそれ以外の肉じゃがなど場末感満載のお母さんが運んでくれる。
そしてお店のマスターは熱く下ネタを語ってくれた。
というか最近思うんだけど、団塊の世代はなぜHのことを”おまんこ”と言うんだろうか。

写真 2013-09-04 0 14 54
こちら仕事帰りにVEJのみんなで久々のビリヤード。
俄然俺は”球”と”棒”の扱いが上手いのだ。

写真 2013-09-07 13 44 10
ここから勝浦へVEJ数名でただの旅行に。
海岸沿いで食材もっていくだけでBBQ全て道具を貸してくれる場所を発見。

写真 2013-09-07 16 11 12
焼いて食べて脱いで水浴びて焼いて食べて脱いで水浴びて久々のリフレッシュ。

写真 2013-09-07 17 46 29
海水浴。今まで潮の関係だろうかなぜか夕暮れまでいたことはなかった。
なので海水浴で夕日を見たのは初めてだろう。
そして夕暮れ前に帰る理由が分かった。
とてもおセンチな気分になってしまうのだ。
なんともさみしい気持ちなる。
”タマ”がヒュンってなる。

写真 2013-09-08 16 18 24
勝浦の翌日。これはB級グルメ勝浦坦々麺。
ほんとはもっと見た目が赤いらしいがここのはそんなに赤くなかった。
が、美味い。
が、腹の弱い俺にとっては地獄だ。

写真 2013-09-08 20 06 37
そしてこちらは帰り際で食べた月島のもんじゃ。
レンタカー返却の都合で30分間しか飲み食いできなかったが、
俺はとってももんじゃ焼きが好きなのだ。
たぶん一番好きな食べ物だ。
あの見た目の汚い感じとは裏腹に親しみやすい味。
それでいて一気に食べることは出来ずじらされる大人の余裕。
俺はそんなもんじゃ焼きみたいな男になりたいと思っている。

写真 2013-09-11 3 29 36
さてこちらはエリーさんの新宿コニカミノルタスタジオで開催中の「星空からのメッセージ展」にて前日準備の様子。様子っていうか眠眠打破。
大量の眠眠打破GETによっては俺はまた一歩芹菜に近づいたのだ。

写真 2013-09-11 5 56 40
あ!!もう昨日で終わってる。。。
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013september/starlitsky/
俺の作った星空映像是非見てもらいたかった。。
今度携帯で見せるので見たい人は声をかけてください。

写真 2013-09-11 23 57 56
こちらはVEJ納涼会での久々バッティングセンター

写真 2013-09-11 23 58 42
はい!空振り!!!

写真 2013-09-14 19 26 29
こちらは近所の大宮八幡宮での夏祭り。
今年で遊びに行くのは3回目かな。
大きな赤い鳥居から賽銭箱までずらっと並ぶ屋台は見てるだけでも楽しい。
また正月に、叶わない願い事を絵馬に書き行く。

写真 2013-09-16 1 39 49
こちらはkurozampaによる久々レコーディング。
kurozampaは即興集団なので基本的に曲の作り方がおかしい。
以前作った曲は、男女初旅行物語という設定で初夜を音で表現した。
今回のテーマは”ひとり旅”。
旅と言えばビールだ。
なので、俺はマイクの前でビールを空けた。
まもなく完成するが聞いてもらう機会があるかどうかまだ分からないので、聞きたい人は携帯で聞かせるので声をかけてください。

写真 2013-09-21 14 10 38
これはTOKYO FLICKERS!第2回公演に向けて山梨の秘境祭へ向かったのだ。
俺は行きの車運転をした。
秘境祭というだけあって、峠を攻めまくった。
途中、ウサギが飛び出して急ブレーキを踏んだが、一楽さんいわく「ウサギは轢いたら轢いたで、あとで焼いて食っちまおうぜ。」と、おっしゃった。
さすがだと思った。

写真 2013-09-22 1 36 19
ライブ終焉後はベンチで酒盛り。

以上が、2013年夏の思い出。

喉が腫れています。今カラオケにいます。

/ Blog Post Your Comment

そう、昨日カラオケに行った。
ミナとメイコマンとで。
正確に言うと夜中2時に仕事が終わり、二人のカラオケに俺が合流したのだ。

最近カラオケが流行っているらしい(嫁情報)。
うちの嫁はカラオケが好きでよく一人でカラオケに行っているみたいだ。
一度だけ嫁とカラオケに行ったことがある。
とてもうまいとは言えないが誰の歌でも嫁オリジナルの曲に聞こえてとても楽しい。

俺はというとカラオケが苦手だ。
なぜなら単純明快、歌が下手だからだ。
とりあえず大きな声ではっきりと声を出すことだけ出来ると言っていい。
歌がうまい人は、ほんとすごいなあと思う。
この前、スナックエリーで森山直太朗さんが目の前で歌ってくれたんだけど、そりゃとても歌が上手な人だった。

で、昨日は、ツイートもしたけど衝撃的な楽曲がカラオケにあった。

写真 2013-08-30 4 10 42

これだ。
恐る恐るマイクを握って歌い構えるとどうだろう、ご存じのとおり歌詞がない。
テロップが一切出ない名曲だ。
なんとなく「トゥルットゥトゥトゥルットゥトゥ」と歌い上げてみた。
先週から風邪で喉を傷めている俺にとってこんなにやさしい曲はないだろう。
是非カラオケに行った際はこの名曲をリクエストしてほしい。

結局昨日は5時過ぎまでカラオケにいた。
ミナは焼うどんを頼んだまま寝てしまったようなので、とりあえず箸だけ渡してあげた。

写真 2013-08-30 5 35 48

またカラオケ行きたいな。誰か行こうね。

【次回のVJ】
2013年9月18日(水曜日)
海の森の音楽祭 特別編『晴れたら空に豆まいて本田くん、ありがとう送別会』
@代官山 晴れたら空に豆まいて
sgt.[Bass 明石興司, Violin 成井幹子, Drums 大野均, Guitar 向山聡孝]
海の森のgasbag[Guitar 向山聡孝, Bass 平井貴人, Drums 軽部佳秀]
Tyme. (from MAS)
toto
沙知(ハリネコ)
外川良×近田和久duo
Felid(the north end / 64THNOTE)
Vj mitchel / rokapenis
Art azusa

盆踊りとあまちゃん。

/ Blog Post Your Comment

え!!!じぇ!!!!

そう、今年のフェスティバルFUKUSHIMA!は盆踊りだそうだ。

f-fukushima_flyer_nyuko

フェスティバルFUKUSHIMA! 納涼!盆踊り
2013年8月15日(木)場所は、福島市街なか広場。
俺は仕事で行けないが、PCの前でWEBサイトの管理をしっかりしていようと思う。
ちなみにDOMMUNEでの配信もしっかりあるので、福島に行けない人や熱中症に恐怖を覚えている人はPCの前で盆踊ろう。
DOMMUNE

さて盆踊りだが、プロジェクトFUKUSHIMA!のボスであり、今あまちゃんの音楽担当で大人気の大友さんが作曲した「ええじゃないか音頭」が振付け付き絶賛公開中だ。

ものすごく踊りが可愛いので是非子供のいる方は明日18時以降にDOMMUNE見ながらでも参加してみるといいと思う。

盆踊りで思い出したが、俺は小学校の頃比較的浴衣を着て積極的に盆踊りに参加する方だった。
周りの友達は誰一人参加していなかったように思う。
小学生という多感な時期は、女子という女子を意識し、薄暗い夕方から夜にかけどれだけその女子に”男を見せつけるか”ということばかりを考えていただろう。
もちろん俺もその一人だ。
だから盆踊りを一生懸命踊ったのだ。
でも、どうだろう、寄ってくるのはお母さんやお婆さんなど年上のババァばかりだ。
そもそも盆踊っている俺に誰も気づいてくれない。
みんな祭り会場のちょっと脇で、女子軍団をけん制しながらたむろっているだけなのだ。

それから俺は盆踊ることをやめた。

ザッツトラウマ!

2013年夏、ついに凝り固まったコンプレックスを開放すべく俺は「ええじゃないか音頭」をPCの前でこっそり踊るのだ。
きっと嫁が手拍子をして盛り上げてくれるだろう。

そしてもう一つ見どころが、最近本の出版で億万長者になった某タブラ奏者がまた教授と共に舞台に立つのだ。

あと見逃せない「大友良英&「あまちゃん」スペシャルビッグバンド」

オラ楽しみだじぇ。

【次回のVJ】
2013.08.18(SUN)@代官山UNIT
「DENPA!2013」GOMA & The Jungle Rhythm Section + VJ mitchel
http://denpaweb.net/

FUJI ROCK FESTIVALにてGOMA & The Jungle Rhythm SectionのVJでサンチェ出陣!

/ Blog Post Your Comment

そう、FUJI ROCK FESTIVALにVJで出るのだ。
しかもGOMA & The Jungle Rhythm Sectionで。
憧れのGOMA & The Jungle Rhythm Sectionで。

GOMAさんのことは皆さんご存知のことでしょう。
日本屈指のディジュリドゥ奏者だ。

俺がGOMAさんのことを知ったのは、旅団のおかげである。
そもそも俺がVJを始めたきっかけは旅団であり、
当時、代官山UNITで開催された旅団のリリースパーティがVJとしての1目標だったのだ。

そしてこのリリースパーティにGOMAさんがCYBORG SETで出演している。
初の大舞台でのVJでド緊張していたが、GOMAさんは初対面にも関わらず抜群の笑顔で「ライブ楽しみにしているよ」と声をかけてくれたのだ。

そして2009年GOMAさんは交通事故で脳に障害を負った。

俺も6年前交通事故に遭ったことがある。
手術3回したものの次々とエロ本を持ってお見舞いにくる友達に囲まれながらプレステでFFをクリアするという至って平穏な入院生活で、GOMAさんとは比べ物にならない軽傷だったが、家族や会社にどれだけ心配をかけたかという気持ちは忘れたことはない。

GOMAさんは昔の記憶を失うだけじゃなく、日々記憶が曖昧な生活を余儀なくされたのだ。
そして突然絵を描きだした。ものすごいクオリティの。
そのことを聞かせてくれたのは、杉山君だった。
杉山君特有の満面の笑みでGOMAさんの絵の素晴らしさを俺に語ってくれたのである。
それから青山で開催された展示会をnegoのメンバーで見に行くことができた。

そして音楽活動の復活。

このライブは本当にすごい。
現在でもGOMAさんは日々障害と戦っている。
事故後、脳についていろいろ調べてメモをしているという。
昨日、聞かせてくれたのは、「人間は”3”という周期で変化がある」ということだ。
現に事故後”3年”でやっとライブが出来るようになったそうだ。

そしていよいよ今週末FUJI ROCK。

VJの話をもらい、打合せの中で俺が某タブラ奏者のくだらない話をすると満面の笑顔で笑ってくれるGOMAさんを見て、本当に勝手に思ったことだが、ものすごくポジティブに1日1日を生きていることを感じた。
なので45分という短いライブ時間の中で、俺のVJテーマは「ポジティブ」である。
実際VJにいくつかGOMAさんの日記文が引用されるところがあるが、
僕の方でポジティブに感じる順番で構成させてもらっている。

そしてGOMAさんは俺のことを「サンチェ」と呼ぶ。
その都度「ミッチェです。」と伝えるのだが、すぐサンチェになってしまう。
もしかしたら事故前にサンチェっていう人が知り合いにいたんじゃないですか?と聞くと、スミエさんが「いない。」と教えてくれた。
GOMAさんの記憶の中で現時点で俺はサンチェだ。
サンチェが作った映像を見せるとGOMAさんは最高の笑顔で喜んでくれる。
俺はそれがすごくうれしい。
ちなみにユザーンさんの前だと俺は「ムーチョ」らしい。
もはやミッチェの要素が1つも入っていない。
それでもGOMAさんに覚えてもらっていることがうれしいのだ。

FUJI ROCKという大舞台で、最高のVJをするとともに、
GOMAさんにとって俺はミッチェになれること目指すのだ!

FUJI ROCK FESTIVAL 2013

選挙へ行こう。

/ Blog Post Your Comment


※こちらの寿司は記事の内容と関係ありません。ただ昨日寿司食べたよってだけのことです。

ネット選挙に対して全然詳しくなかったので
ざざざっと調べてみた。

まず今年4月からインターネットでの選挙運動が解禁され、
候補者はウェブサイトやツイッター、facebookなどで選挙に関する
メッセージを投げかけられるようになった。
街頭演説やチラシ配りのネット版という感じ。
ただし出来ることと出来ないことがあるらしい。

「ネット選挙解禁でも「やってはいけない」7つのこと(CNET Japan)」から抜粋すると

■自分の氏名や肩書きを偽って、ネットで特定の候補者の投票依頼をしてはいけない

■未成年者は、選挙運動メッセージをリツイートしてはいけない

■選挙の投開票日当日に、特定候補への投票依頼のツイートをしてはいけない

という項目がある。
これは知らなかったら自然とやってしまうことじゃないかと思った。
というかネット上で守られるのだろうか疑問だ。
ただし「投票にいきましょう」「投票にいってきた」などのツイートはいいらしい。

ちなみに候補者のツイッター活用状況は、
候補者のつぶやき数やRT数のランキング(yahoo)」をみると分かりやすい。

候補者がこのネット選挙をうまく活用できるかどうかは、
インターネットに対するリテラシーの持ち方に関わってくると思う。
恐らくネット選挙解禁になったからといっていきなりツイッターやfacebookを立ち上げた候補者はよっぽど高いリテラシーを持ってなければ逆効果になるだろう。
↓こんなことになる。
海江田氏のFBが大炎上! 「今やネットが政治を劣化させる」と反論…(ZAKZAK)

亡くなった人を悪く言いたくないが、
病院批判ブログ炎上の岩手県議が死亡、自殺か(J-CAST)
に関しても、もっとリテラシーがあれば病院に対するクレームなんてブログに書かなかっただろうに。

そもそもネット選挙に限らず、未成年者のいじめ自白ツイートや、
知らない人に対する誹謗中傷など最近ネット上でのマナーというか、
そういうことをどうしたもんかと余計なお世話だが考えてしまう。。

もちろんこういったリテラシーに関する教育は
俺自身も受けてないし、明確な基準はいまだ分からないが、
もはやネット上での情報が一昔前のウソかホントか分からないと言われていた時代ではなく、
SNSという個人が特定されるサービスを利用している以上、
誰が発信しているかということが明確なのは確かだ。

対面ではないけれどネットは架空の空間ではなくて、
現実社会よりも複雑に入り組んだ現実社会だということを実感する必要があると思う。

ツイッターでもブログでもfacebookでも自分が発言する際、
ただの独り言ではない限り、公に向けてなのか(授業中に自ら手を挙げみんなに発言するようなもの)、
だれか特定の人に向けての会話なのか、自分でちゃんと想像しながら発信できればさほど難しいことじゃないと思う。
そう考えれば、誹謗中傷はただの性格の悪い陰口のようなものだと思えるだろう。
ネット上だとしても、もし知らない他人に文句いうのであれば、
まず自分から自己紹介をするというのが現実社会でも当たり前だ。
ということでどんな人でもネットに関わるのであれば自分がどういう人間なのか見つめ直す必要があるだろう。

ちょっと話変わるが、某タブラ奏者が最近ツイッター本を発売した。
しかも2冊目だ。
彼のツイートはいつもわくわくさせてくれる。
それはどういった人に見てもらいたくて何を分かって欲しいという明確な目的があるから見ていて楽しいんだろうと思う。
きっと彼のiPhoneにはツイート前の下書きが大量にあって、
ニヤニヤしながら練りに練りこんだタイミングでツイートしてるだろうに。

あとすごく大切なこととしてネット上のものは、いい意味でも悪い意味でも決して劣化せず消えることがない。
例えば寿司を食べに行き、ネギトロを注文したら軍艦にネギトロじゃなくて梅のすり潰しがのっていたとしよう。
すると寿司屋の大将に「なんで梅なんだ!!!俺がどれだけ梅が嫌いか知らないのか!」と、キレることになる。
その場にいた人には、俺の「梅が嫌い」という発言が脳裏に焼き付くだろうが、人間は便利なもので大抵の人は時間が経てば忘れてしまうのである。
なのでまたその寿司屋に行くと軍艦に梅がのっている可能性があるのだ。
しかし、ネット上のものは何年経っても100年経っても、自分の子供が大人になっても消えることがない。
例え自分でツイートやブログ記事を消したとしてもネット上にはキャッシュやバックアップとして残るということを自分の責任として忘れないでいることが必要だと思う。
責任を持って”梅が嫌い”と言わなくてはならないのだ。
いつか梅が好きになるかもしれないのに。
いつの間にか梅が好きになっているのに、みんなが気を使って極上の梅を俺に紹介してくれなくなるかもしれないのだ。

ちなみにこんなサイトがある。
ネット選挙100番
このサイトに意味があるかどうか分からないが、
ネット選挙が始まって、海江田氏の「今やネットが政治を劣化させる」という発言はとてもとても悲しくなる。

自分が学生時代に初めてWEBサイトを立ち上げた時の感動を今でも覚えていて、
この喜びを仕事にしようと決めてからDIY STARSやいろんなサイトを立ち上げてきた。
政治家に限らず、今生きる人にとってインターネットというものが、
必要悪でなくて人生が豊かになるとてもハッピーなものとして思ってもらいたいと
ただただ切に願うのでした。

まずは選挙へ行こう。
そして寿司を食べよう。ツイッター本を読みながら。

【次回のVJ】
2013.07.20(SAT)@大阪 戦国大統領
カオティックイラマチオ12 〜サブリミナルアシッド1st FRESH HIT リリースパーティー〜
2013.07.21(SUN)@鶴舞K.D.japon
COMA* “Apartment ID” Release Party
COMA*/FU-MU/egoistic 4 leaves/nego

熱帯夜

/ Blog Post Your Comment

連日の熱帯夜。
昨晩、寝ようとしたところ嫁のTシャツが臭かったので、
俺のTシャツを渡して着替えさせた。

俺は知っている。
渡したTシャツはヒートテックだということを。