剛毛の子

/ Blog Post Your Comment

写真 2014-09-22 16 32 39

随分と更新がおろそかになってしまった。。。

というのも我が家に第1子が誕生しバタバタでここまできてしまった。

出産はというと、8月15日終戦記念日その日がきた。
深夜3時過ぎに破水し、嫁と共に病院へ向かった。
まだ陣痛が来ていなかった都合で、俺は一時的に帰宅し昼は嫁の家族とのんびり中華を食べていた。
そして昼過ぎ、陣痛が激しくなってきたところで病院に向かったのである。

陣痛というものは男性が経験すると死んでしまうくらい辛いものらしいが、まさにそのようだった。
嫁の耐える姿に俺は何もできず、ただただ「ヒーヒーフー」と嫁より大きい声で呼びかけることしかできなかった。
というのは、嫁は痛みのせいか、「ヒーヒーフー」を、「ヒー、ヒー、ヒー!!」と言ってしまう。
はたまた「フー、フー、ヒー!!」と。
それを俺は「ヒー、ヒー、フー!」だよと言い直すのだ。
そもそもなぜ「ヒー、ヒー、フー」というかご存じだろうか。
分娩室に入るまでいきんでしまわないよう力を抜くために「ヒー、ヒー、フー」と言いながら、ひたすら耐えるためだ。
しかし嫁は全力で「ヒー、ヒー、ヒー!!!」と言う。
そのたびに俺は「ヒー、ヒー、フー!!」と全力で言い直す。
これで、、合っていたのだろうか。。
今さらながら助産婦さんに聞きたい。

そして4時間くらい経っただろうか。
俺はウンコがしたくなったのだ。
「ヒーヒーフー」合戦を放置し俺はトイレに向かった。
こともあろうかその間に嫁は分娩室に入ってしまったのだ。

ついに嫁は出産に向け全力でいきむ。
そして俺はウンチを出すために全力でいきむ。
今思えばこれでこそ二人三脚だ。

豆粒みたいなウンチを出した俺は助産婦さんに急ぎ促されるよう分娩室に入った。
嫁は汗だくで頑張っていた。
俺は嫁のオデコをなでながらうちわで顔を仰ぐ。
もうその段階で俺は泣きそうだった。
泣く準備は万端だ。

そして、毛むくじゃらな子供が産まれた。
肩がびっしり毛で覆われていた。
我が子だと思った。

産まれたばかりの子を嫁が抱っこし、いよいよ俺の涙腺が爆発しそうなその瞬間に院長が自分の家族構成から母乳の話をなぜかし出したのだ。
正直、俺も嫁も「へ~、そうですか」って感じだったと思う。
結果、俺は涙を呑みこんでしまった。
しかしながらなによりも母子共に健康だったのが本当にうれしい。

正直に言うと子供はかわいいです。
想像したり周りの人の言うことを聞いていたけど、まさにその通り、可愛いです。
そして不思議です。

今はまだ本当に小さくて人間っぽさもないけど、表情や動きが純粋極まりなく想像できないリアクションをとりまくっている。
泣く(涙でない) ⇒ 乳を飲む ⇒ 寝る ⇒ 泣く
という破壊と創造の無限ループ。
時間的に規則性があるようでない。
まさに俺と嫁は娘中心の生活を強いられている状況だ。

まだ俺は事務所にいく必要があるので今まで通りの生活が体感できるけど、嫁からしたら360°今までの生活とは変わってしまっている。体力もストレスも俺の想像を超える大変なものだろうに頑張ってくれているから本当に頭が上がらない。
どうにか俺も支えていきながらこれから迫りくるだろう難題も幸せパワーで乗り切っていきたいと思っている。

さて、先日はGOMA & The Jungle Rhythm Section10周年遊びに来てくれた方々ありがとう。
最後のセッションも最高で幸せな気分でVJをすることができた。
次は12日大坂の陣。会場の都合で俺のVJがあるかどうかはまだ定かじゃないけど、再びいいライブになるよう挑みたい。

そしてそして18日は、nego所属レーベルBAYON PRODUCTIONの初企画「TATE」だ。
https://www.facebook.com/events/451283281679451/

今年negoとして企画を打つことはないので、この企画が気合の入れどころなのである。
昨日の打合せで色々アイデアが出たので準備万端で当日迎えたい。
是非予定空けといてね。

あ、あと8日もう来週だけど、某アフロ奏者の初アルバムがリリースされます。
http://u-zhaan.com
聞かせてもらったけど、最高のアルバムだ。ジャケットもすごい。
是非手に入れてくださいませ。
スタンプも発売されたそうだよ。
https://store.line.me/stickershop/product/1019192/ja

なんだか告知だらけになっちゃったけどよろしくお願いします。

※写真は、ナンシーがくれたお茶です。テンガではありません。

確かにもっこりしているとは分かっていた。

/ Blog Post Your Comment

そう、いつも通勤やらなんやらで使っているリュックのポケットが、たしかにもっこりしているとは分かってた。
普段そのポケットは使ってないので開ける機会がなかったのだが、今日は鍵をそこにしまおうと思って開けてみた。

そしたらこれが出てきた。

写真 2014-08-07 12 49 41

なんじゃこれ。しかも2つ。
買った記憶もなければ被った記憶もない。
季節を想像するに去年から入っていたのだろう。
誰か教えてください。。

そんなことより今年もROVO and system7のVJとしてフジロックに行くことができた。
少し明るい時間からだったが最終的にはいい感じに映像も映り最高の環境と音に酔いしれることができた。

写真 2014-07-25 18 31 21

PA前川さん越しのROVO。
実は、前川さんが左右に動くごとに照明の高田さんそして俺もステージを確認すべく左右に揺れる。
もはや前川さんを先頭にチューチュートレインのごとく忙しないプレイだったに違いない。
とはいえ今回も勝井さんを筆頭にチームROVOの連携は相変わらずすごいものだった。いつも本当に勉強なります。

写真 2014-07-25 15 46 37

こちら運転からセッティングまで色々手伝ってくれたマイケル。
色々ありがとうね。東京での打上げも濃厚な飲みになって本当にマイケルといけてよかった。

また来年、フジロック行けることができたらよいな。negoでも行きたいね。

さて、我が家はそろそろ嫁の出産タイムに突入します。
初めてのことながら仕事がバタバタということも相まってなにかと不安です。俺が不安になっていたらよくないのだけど。。
時間を見つけては大宮八幡に安産祈願という、もはや俺にできるのは神頼みという状況です。
なんにせよ母子共に健康であればそれでよしでございます。

GOMA & The Jungle Rhythm SectionとチームVJ mitchel@頂2014

/ Blog, VJ Post Your Comment

itadaki2014
2014/06/07
GOMA & The Jungle Rhythm Section
@頂2014


こちら高次脳機能障害と診断されたGOMAさんが2011年頂フェスにて復活したライブ。

これから3年、まだ障害と戦いながら再び頂フェスの舞台に立ったのがおととい。
僕もVJとしてご一緒させてもらった。

GOMA&The Jungle Rhythm SectionでのVJは、がっつりGOMAさんと話し合いながら連日デモ版を作りつつ、スタジオも一緒に入ってタイミングから何から何まで作りこんだ。
昨年のフジロックも同様に挑んだのだが、あれから1年経ったGOMAさんは病気との付き合い方も変わったように感じたのだ。
更なる高みを目指し、事故前とは全く違うものを目指すGOMAさんと一緒にライブを作れることは本当に光栄なことだった。

ライブ後、GOMAさんは「ミッチェ、喉が痛いんだけどなんでだ。」と言った。
そりゃそうだ。あれだけ叫んでいれば喉も潰れるだろう。
気迫のステージとはまさにこのことだと思った。
アコちゃんは、GOMAさんが途中「神様に見えた」と言った。GOMA神様だ。
俺もそう思った。自分で映像を出しておきながら背に太陽を背負うGOMAさんは神様だ。
本当にいいライブでした。

なぜか芝生まみれでカメラを持ってくれた北澤さん、運転してくれたアコちゃん手伝ってくれてありがとう!
またこのチームでライブ行けたらよいね。

P.S. 嫁の作ったLINEスタンプが発売されました。
よかったらダウンロードしてくださいませ。

ke
毛むくじゃらたかし君
http://www.stampers.me/stamp/1767

ランニング

/ Blog Post Your Comment

image

家の近くにキレイなトラックを備えたグラウンドがある。
その淵っこでこのブログを書いている。
ちなみに今真後ろにいる少年が「このおじさん誰〜?」と言っている。俺に言っているのかどうか分からず怖くて振り向けないところだ。

さて、このグラウンドは土日になると少年少女が部活でサッカーやランニングをしているのだが、今日はたまたま一般公開されていた。

様々な人がおもむろにそのトラックを走っていた。
俺もその一人だ。
初老のおじいさんやシュッとしたいかにも走り慣れてそうなイケメン、ジャージが妙に見合うイヤホンをしたオタク風男性、全身サウナスーツの俺とタメくらいのお兄さん、金髪に何故か手袋の男性、そして常連感満載のランナーなど。
またそのグラウンドの周りは公園になっているので様々な家族やカップルがのんびりしているのだ。

俺は無心で走り出した。
無心、否!痩せたいという気持ちを胸に。
しかし走って10mでウンコがしたくなった。
早速ダイエット効果があったようだ。
もちろんそこで走るのを俺はやめない。ちょー偉い。
しかし本当に久々のランニングは膝にくる。だから歩いては走り走っては歩くを繰り返した。ちょうど一周したところで俺は気づいたのだ。初老のおじいさんと同じペースだということに。おじいさんは歩いているかのように走っているのだ。自分の足の遅さに愕然とした。

それから何周も走った。
まあ走ったというか歩いた。
初老のおじいさんと。

走りながら俺は人は見かけに寄らないものだと感じた。
そう、俺の勝手な先入観はことごとく砕かれたのだ。

まず先述のいかにも走りそうなイケメンは何故か女の子走りですげー遅い。イヤホンオタクはマイペースながらも休憩もせずずっと走り続けている。しかも速い。常連ランナーだと思っていたお兄さんはたまにコケる。極めつけは、金髪お兄さんが手を地面につけながら4足ダッシュを繰り返している。

自分の中の常識なんて本当にちっぽけなものなんだと思わされた。世の中色んな人間がいて色んな考え方を持っているものだ。改めてそんなことを感じたのだ。

そして俺は最後の一周、トラックの中心を横切りショートカットをし、初老のおじいさんに大差をつけゴールしたのでした。

抜き放題!出血大サービス

/ Blog Post Your Comment

そう、また歯を抜いた。
でも今回は上の親知らずなので一瞬で抜けた。血がビューって出たけど。
歯医者は、腫れも痛みもそんなないという・・・・

・・・・

信じられるか~!!!!
絶対、腫れも痛みもあるに決まってる!!!
そんなドキドキした状態で今このブログを書いています。

先日はnegoワンマンライブ「THE WORLD」にお越し頂きありがとうございました。

10172817_650060448376644_3297994961336591933_n


こちらのリハで後ろの位置からの映像。

プロジェクターは全9台(1台ど真ん中に設置したものの未使用)。
ちなみに俺が3台でロカペニさんが5台だった。
きてくれた人は分かると思うけど、想像していた通りロカペニさんのVJは超絶的だったのだ。
スモークを巧みに使った空間演出と俺の映像とバランスをみた掛け合いは、ロカペニッチェルのダブルVJならではの演出だと思う。出来れば客席からも見てみたかった。
イベント全体として課題は残るものの、前回を超えるライブを見せることが出来たという実感がなによりも嬉しい。
あとマイケルとのDJセッションは初の試みだったけど、実際やっててすごく楽しかった。
もしかしたらこのセッションで1時間くらいやっても良いんじゃないかと思う。
そしてDJクニの安定感ある気持ちいいDJ。
まだ次のワンマンライブ予定はないけど、是非やりたい。
その時はまた遊びに来てください。

そして昨日はGOMA meets U-zhaan in いわきでVJ。
GOMA meets U-zhaanでのVJは、2013年カウントダウンでやった時以来だった。
むしろそのVJを見てくれたイベンターのユミちゃんが誘ってくれて今回実現することになった。VJも一緒に誘ってくれるなんて感謝感謝。

10363366_651536051562417_648549725336026638_n

道中、小名浜海岸によりつつ、いわきで大人気のゼリー屋さん「ゼリーの家」でゼリーを堪能し、会場入りをした。

ユザーンさんしかりGOMAさんウッチーさんはいわきでも大人気である。
もちろんライブは大成功。

VJとしては今回箱のプロジェクターとあと持ち込んだ単焦点プロジェクターを2重に重ねてやるつもりだった。
そしてライブ後、「いや~、最後の1曲のためだけに2台目のプロジェクター使うなんて粋な演出だし、映像の広がりがすごかったです。」と、何人かのお客さんに褒めてもらった。
そう、最後の1曲だけプロジェクターを2台使ったのだ。
でも正確に言うとその演出を狙ったわけではなく、俺は最初から最後まで2重に重ねてやりたかったが、なぜか持ち込んだプロジェクターが正しく動作せず、タイミングよく最後の曲で動き出しただけだ。
なので「えへへ、ありがとうございます。」と変な感じで返事をしてしまったのは結果オーライだったと自分を褒め称えてあげる意味もあったのだ。

いわきの人はみんないい人だった。また来たい。
最後に、ライブ前GOMAさんが楽屋でなぜか俺のことを「杉並区の暴れ馬」と何度も呼んでいたが、一切俺はそれに対してリアクションを取らなかったことが今になって申し訳ないと思っているのでした。

ミッチェ、歯医者へ行く。

/ Blog Post Your Comment

ha

そう、もう限界だった。。
歯の痛みに加え、何故か突発性難聴になった。もはや歯痛を抱えた佐村河内だ。。
とはいえ目眩が酷く、耳が聴こえないかと言われればそうじゃなくて耳詰まり程度だった。
しかしながら先日無料配信を開始したnegoの新曲3曲、こちらのマスタリングチェックはもはや俺の耳では出来ない。だって聴こえないんだもの。だから嫁に聞いてもらって俺からはOKを出した。

歯が痛くて耳も調子悪くて二日酔いも酷い。稀にみる満身創痍で、誰に相談しても「歯医者へ行け。」と言う。もういよいよ嘘も尽き果て、言い訳が出来なくなってきた。まさに小保方状態。
佐村河内で小保方状態の俺は歯医者に行くこと決意したのだった。

そして、俺はわざわざ先日トラウマを抱えたその歯医者に行った。

受付の人は「初診ですか?」と俺に聞く。
そして俺は「はい。初診です。」とハッキリ嘘をついた。
そりゃそうだ、「いや〜、前通っていたんですが精神的ショックが大きくなっちゃって行くの辞めたんですよ。」とは言えない。何故ならまだバッチリトラウマを抱えたままだからだ。

その病院は、6、7年前と見た目は変わりないようだった。
なので俺は前ここに来たことがないフリをしながら診察を受けた。
そして口をひらいた。
男性の先生は口の中を見てもイヤな顔一つしなかった。冷静に「親知らずが腫れてますね。」とおっしゃった。「抜いちゃいます?」というので、抜いて痛くなくなるならお願いしますと伝えた。しかしその日はどうしても外せない飲み会があったので、抜歯は断念した。日を改めて抜歯をするということになった。

なんだろう、その日は何も歯が治ったわけじゃないのに少し清々しい気分だった。丁寧に説明してくれる先生に俺は安心したのだ。

そして昨日だ。
いよいよ抜歯の日、少し緊張しながら病院に向かった。

名前が呼ばれて席に着くと、歯科助手的な若い女性がおもむろに俺の口をいじり出しだ。何も言わず。
なんだなんだと思いながら歯をギュンギュン磨いていく。
もう怖かった。きっとマスクの先はニヤニヤ笑っているに違いない。汚い俺の口が耐え切れず掃除しだしたに違いない。ザッツトラウマ!!
俺の下顎が震えだした。やっぱりトラウマは拭えてなかった。
「もう帰りたい。。」そう思ったが、ここまで来ると引くに引けない状況だ。
程なくして前回診察してくれた先生が様子を見にきてくれた。
抜歯前処置をその助手にお願いしただけだったらしい。

さあいよいよ抜歯だ。
と、その前にCTスキャンを撮るべく別室に連れて行かれた。俺の親知らずは神経と太い血管に触れている可能性があるらしく3D画像で確認する必要があったらしい。頭を固定し、その周りを回転しながら撮影するであろう巨大なメカに囲まれた。
ちょっとそのメカの位置が低かったんだと思う。「撮影しますね。じっとしていて下さい。」と言われたんだが、撮影が始まりメカが回り出すと、肩がバッチリぶつかっていたので一緒に身体も回ってしまったのだ。
もはや3Dでもなんでもない。カメラと一緒に俺も回転しているのだから。
撮影技師の人がくすくすと笑いながら「もう一度撮りますね。」と言った。
俺は悪くない!と思いながら今度はちゃんと撮れたようだった。

抜歯はほどなく済んだ。
だが、問題はこれからだった。
歯は抜けたがまだ根っこが残っている可能性があると言い、なぜか先生が次々と変わって処置を仕出した。
しかも次第に先生が年老いていくじゃないか。
そのたびに俺の口の中が血で染まっていく。
「圧迫止血だ!」と言われ、俺の奥歯を抑えたまま既に6人くらいいる先生が俺の口を除いていた。

明らかになにかがおかしい。。
それからラスボス感満載のポマードバッチリの老先生が俺の口をいじりだした。
「はい、大丈夫でしょう」そのポマードが言った。
なにが大丈夫か俺には全く分からなかった。
そして「院長そろそろ、、」と促されるようにそのポマードは去っていった。

もはや俺の周りにあの安心感を与えてくれた先生はいなかった。
いるのは、ベテランっぽい先生だけだ。若い歯科助手も消えている。

なにがあったのかベテランが教えてくれた。
「血管が近いとこでしたので。神経は大丈夫だと思います。明日また来てくださいね。」と。

怖い!!!
なにか釈然としないまま処置が終了した。
そして帰り際、おれに安心感を与えてくれたあの先生が出てきてこういった。
「何かあったら連絡くださいね。今日は21時までやってますので!」と、何度も俺に言った。
もはや俺よりもその先生が不安そうだ。

そしてそのまま出社した。
だが、全く血が止まらない。
しかも麻酔が切れてきて激痛が走る。
何かあったらってこのことなのか。。どうなのか。。
もういても経ってもいられず帰宅し俺は寝込んだ。

そして今日、再び病院に行き診察を受けた。
先生は俺の顎を触って「どうですか~?感触ありますか~?」と言った。
「え!なに?そこは歯じゃなくて顎だけど!怖い!」と思ったが感触あったので「感覚あります!」と答えた。
そうか、なにかあったらってこういうことかと思った。
神経が傷ついた可能性があったのだ。

お分かりだろうか、
「やっぱり歯医者は怖いのだ!!」
そう、俺はバッチリ確信した。

そして、ひとつ言えることは歯医者に行く前より抜いた部分が痛いということでした。

5月8日negoワンマンライブ

/ Blog Post Your Comment

nego_wanman

既に情報は公開されているが5月8日ゴールデンウィーク明けに昨年開催されたnegoワンマンライブ「THE WORLD」の第2回公演が渋谷LOUGE NEOにて開催される。

2014.05.08 (Thu)
nego ONE MAN LIVE “THE WORLD”@渋谷LOUNGE NEO
会場 : 渋谷 LOUNGE NEO
OPEN 19:00 / START 20:00
ADV 2000 / DOOR 2500 (+1D)
LIVE : nego
Guest VJ : rokapenis (VEJ)
DJ : kuniLopez,マイケルJフォクス

今回はゲストにWorld’s End Girlfriendやmouse on the keysなどでのVJを担当し、さらにVEJにて同僚となったロカペニス氏を迎えてのライブとなる。
ロカペニさんのVJを体感して人は分かると思うが、どのVJにも真似できない唯一無二の空間を作り出す天才である。
LOUNGE NEOの作りを最大限に生かした映像演出になるだろう。

そして、ワンマンライブまでに期間negoとしては久々となる新曲3曲をそれぞれフリーダウンロードにて配信を行っている。

banner_free

「Ants」
Vocal : misato(kacica,AYNIW TEPO)
Didgeridoo : 鴫原哲也(SARATOGA)
ArtWork : rokapenis (VEJ)
Mixing and Mastering Engineer : KASHIWA Daisuke

「World」
ArtWork : azusa
Mixing and Mastering Engineer : KASHIWA Daisuke

「The Beginning STRATOS Remix Play nego」
Original Mix : Stephan Bodzin
ArtWork : mitchel (nego)
Mixing and Mastering Engineer : KASHIWA Daisuke

3曲それぞれ毛色の違った曲となり、negoとしても新しい試みがふんだんに盛り込まれた楽曲となっている。
ダウンロードは、オフィシャルサイトから出来るので是非聞きこんでもらいたい。

http://dubphalanx.com/

またOTOTOYでは俺のコメントが掲載されているのでお時間ある時拝読してもらえればと。
ハイブリットなダンスミュージックを奏でるnego、新曲3曲を一挙フリー・ダウンロード

ワンマンライブは5月8日(木曜日)!是非ご来場お待ちしております。

つらい、苦しい、そして悲しい

/ Blog Post Your Comment

69324889

そう、歯が痛い。

もはや歯というかあごが痛い。

気圧のせいだろうか。

つらい。

歯の痛みは我慢せず声に出していいと思っている。
なぜかというと学生時代コックのバイトをしていたのだが、そこに普段はハンドバックを持ち、バッチリ気合の入ったチーフがいた。
よくそのチーフには顔面を殴られたり、腕の毛を衛生上良くないということでライターやガムテープでむしり取られたりと気合を入れて頂いたことがあった。
チーフとは、暴走族の話やなかなかバットで頭を殴れるやつはいないなど、伝説的な話を聞かせれたものだが、一度そのチーフに
「チーフには怖いと思うものがないんですか?」
と聞いたことがある。
するとチーフは、
「ある。歯痛。」
と言ったのだ。当時、俺は今まで歯医者に行ったことがないくらい歯が健康的だったので、まったくもって信じられなかった。
それから俺はもし歯が痛くなったら、我慢せず「歯が痛ーい」と声に出しても男として恥ずかしくないことだと思ったのだ。

だから言う、今俺は歯が痛い。

となれば歯医者へ行けばと思うだろう。
しかし俺は歯医者へ行かない。
なぜかというと歯医者にトラウマがあるのだ。

社会人になって実は歯医者に行ったことがある。親知らずを抜くためだ。
歯医者というものの勝手が分からなかった俺は、当時とても可愛い友達が歯科助手をやっている歯医者へ行くことにした。
もちろん初めてで不安だった俺にその子がついてくれた。
俺は大きく口を開けて椅子に座った。
そしてその子が俺の口を見て、文字通り開口一番満面の笑顔(マスクつけてるけど)で「歯が汚ーい♪」と言い放ったのだ。
可愛いながらも助手が患者にそういうことを言ってはダメだろうと俺は先生を見たが、先生もくすくす笑っているじゃないか。

ショックだった。
トラウマが生まれた瞬間だった。

それからその院内にいる全員が敵だと思うようになった。
口を開けて仰向けに情けない恰好で座っている俺は無防備だ。
先生は手に凶器を持って俺の口を狙っている。
しかもチーフ曰く歯痛は痛いらしい。
そして恐怖におののいた俺のあごがガクガク震えだした。戦々恐々とはこのことだ。

すると、そのべっぴん歯科助手がマスクで分からないがきっとにやけ顔で、
「ミッチェ、怖いの?怖いの?」
と言ったのだ。
怖いわけないと言いたいのだが、口に凶器を突っ込まれている以上、言うことはできない。
先生もきっと「いい大人が顎をガクガクさせて震えてウケるんですけど」と思っていたに違いない。
この時点で俺のトラウマが巨大なそれはもう揺るぎないものになったのだ。
こんな辱めはないだろう。これでもし勃起でもしてたら男として生きていくことは出来ないだろう。

そして俺は歯医者に行くのを辞めた。

もう正直に言おう、歯医者が怖いのだ。いろんな意味で歯医者は怖い。

でも、今、歯が痛い。
お分かりだろうか俺の苦悩が。
今日は酒でも飲んで歯を治そうと思うのでした。

※写真は久保ミツロウさん、能町みね子さんの「男子禁制!!俺たちデトックス女子会」オフィシャルグッズです。↓こちらで購入可能です。
http://oretachi-detox.shop-pro.jp/?pid=69324889

P.S.
我が社のfacebookページが出来ました。
日々いろんな情報を投稿していくのでよかったらいいね!してください。
visual and echo japan facebookページ

初めての占い。

/ Blog Post Your Comment

写真 2014-02-15 2 41 49
※豪雪に日に深夜まで飲んで帰れなくった時、渋谷で撮った写真です。

バレンタインデーに嫁から渡されたものは、チョコではなく占いの予約だった。
俺は生まれてこの方占いに行ったことがない。というか、そういった神秘的なものを疑ってしまう癖がある人間だ。
しかしながら仲の良い先輩が占いに行った話などを嫁に話したところ、なにやらインターネットを駆使して著名な占い師を探してくれたらしいのだ。
俺も一度自分の人生を他人に見てもらうことはいい経験になるのではと占ってもらうことにした。

俺を占ってくれた先生は、四柱推命術というものを用いて生年月日と生まれた時間からその人の人生を開運に導くというものだった。
まず先生が最初に言ったのは「あなたは、とても正義感と独立心が強い人ですね?」と、言われた。
早々に俺は「お前に俺の何が分かるんだ!」というセリフを投げかけそうになったが、我慢した。
それから「あなたは何か事業をやられてますか?」と、言われた。俺はただのサラリーマンですと、お伝えした。
「ふっふっふ、占いでも分からないことがあるんだよ。」と、何か少し優越感を覚えた。

それから先生は「聞きたいことはありますか?」と、おっしゃった。
俺は「普通占いで何を聞くものなのでしょうか?」と、きっとなんで占いに来たんだろうと思われることを言ってしまった。
しかし先生はやさしく「とりあえず仕事運見てみましょうか。」と言ってくださった。

仕事運は良いとのこと。今の仕事も自分に合っているそうだ。
しかも35歳から37歳にかけて俺は大金が舞い込んでくるらしい。
ちょー嬉しい。そうそう、占いってこういうことだと思った。
「今の会社はどうですか?」と、聞いてみた。
すると30本くらいの串を取り出して手をかざし、じゃんじゃん振り出した。
そしておもむろに串を何本か数え始め、目の前にある積木をカタカタとひっくり返していた。
正直、俺は「なんか怖い!」と思ってしまった。
そして先生は「良いと思います。」とおっしゃった。

続いて恋愛運の話になったので、嫁のことも占ってもらった。
先生は、開口一番「奥さんはなにか芸術に携わることされてます?」とおっしゃった。
そう、嫁はデザイナーだ。
正直、「先生すごい!!!」と思ってしまった。
そして、奥さんは洞察力と直観力が長けていて甘えん坊ながらも大人っぽ所があると言われた。
もうそれは嫁そのものだ。
先生は事前に嫁のブログやツイッターをチェックしていたのかと思うくらい的確だった。
極めつけは「奥さん、水分をたくさん取った方がよいですね。」とおっしゃった。
そう、嫁は下痢だ。
たくさん水分が必要だ。
この段階でもう俺の中で先生は神の領域に達していた。

気分の良くなった俺は、仕事や将来について次々に語り始めた。
断るごとに神は「良いと思います。」「良いと思います。」とおっしゃった。
そのうち「良いと思います。」が「あると思います。」に聞こえてきて、もはや天津木村に思えてきた。

そして俺は天津木村先生に「逆になにか悪いことが今後あったりしないんですか?」と聞いてみた。
すると「悪いことを考えるより、良いことを考えていきましょう」とおっしゃった。
俺は「お~~~」と、思った。さすがだ。
しかしながら「でも俺、運がないんですよ。ゴミ収集車に突然はねられて全治1年の骨折を負ったんですよ。」と言ってみた。
先生は「たしかにそれは運がないかもしれません。でもその出来事で得たこともあるでしょう。」とおっしゃった。
そうだ、俺はこの事故で大量の慰謝料をもらったのだ。
「はい!たしかにたくさんお金もらいました!」と、言った。
先生は何事もプラスに考えることを俺に教えてくれた。

そろそろ制限時間いっぱいになるところで、
「俺、映像とかやってるんですけど、それは続けていった方がよいですか?」と、聞いてみた。
すると先生は、また串を取り出しじゃんじゃん振りかぶった。
この串だけは最後まで慣れなかったが、先生はこう言った。
「良いと思います。」と。
先生は最後まで俺のやることに肯定的で後押しをしてくれた。

占いについて未来を予想してすべてを知っているかのように、上目線で言われるものかと俺は思っていたが、そうじゃなかった。
いわゆるカウンセリングみたいに自分を客観視してくれて良い方向に導いてくれるものだった。
終わった時、なんともいえない清々しさだ。

最後にお金を払って俺は「ありがとうございました。とてもいい経験になりました」と、お伝えし帰ろうとすると、
「ご主人、1点だけ、最後にお伝えすることがあります。」
「2014年、女性関係は気を付けてください。」と、先生は言った。
その瞬間、俺の気分はもやっとしたのでした。

【次回のVJ】
2014.03.02 (Sun)
nego「DUBAI9 x tieemo」@川崎CLUB CITTA’

サンダルと俺

/ Blog Post Your Comment

そう、ご存じの通り俺は物を大事にするタイプだ。

ごめん、大事にするんじゃなくて捨てられないだけだ。

会社は土足厳禁なのでみんな自前のサンダルを普段はいている。
俺は生まれてこの方、サンダルを履く文化がない。
だから今の事務所に引っ越してから最初サンダルを履いていなかった。
するとどうだろう、
周りの人から「汚い」「臭い」「みすぼらしい」「毛が多い」などど罵声を浴びせられたのだ。
なのでしぶしぶお客さん用のサンダルを履くことになった。
しかし、お客さん用のサンダルを履いていても、
「汚れる」「黄ばむ」「毛がつく」など、罵声を浴びせられたのだ。

仕方がなく俺は自分用のサンダルを購入することにした。
近所にあるオリンピックでワゴンセールながらも最高におしゃれなサンダルを購入した。
ついに罵声はなくなった。俺の勝ちだ。

おしゃれサンダルを使用するようになって半年。
サンダルが壊れた。

写真-2014-02-04-13-39-20

見て分かるように前の部分が、バビョーンってなってる。
なんでこんな風に壊れたのだろうか。ワゴンセールのせいなのか。
そもそも俺はデスクに座るとサンダルを脱ぎ、椅子の上で正座かあぐらをかいているので、サンダルを履いている時間が少ないにも関わらずだ。
悔しすぎる。
よって、俺は半年、この状態のサンダルを履き続けた。
するとどうだろう、「見た目が悪い」「汚い」「サンダルがかわいそう」「毛が多い」と、再び罵声を浴びせられるようになったのだ。

俺は渋々フランフランという青山のおしゃれショップにサンダルを買いに行った。
フランフランにはいくつかサンダルがあったのだが、どれもサイズが小さい。
俺は恥を捨てきゃりーぱみゅぱみゅ似の店員さんに「俺が履けるくらいのサンダルありますか?」と尋ねた。
すると「これくらいしかないですね。」と、きゃりーぱみゅぱみゅが差し出したサンダルは、前方に大きなフリフリのお花がついたものだった。
こんなもの履いたらバカにされるに決まってる、そしてまた「くそダサい」「可愛いぶってるのか」「毛が多い」など罵声を浴びせさせられると思ったのだ。
買うのを辞めた。

それから数日後、休日ふらっと立ち寄った吉祥寺の雑貨屋で目に留まったサンダルを購入した。

写真-2014-02-03-13-08-55

色がいい。
履き心地もいい。

そして今日、
少し雨が降っていたがサンダルを履いたまま外でタバコを吸っていた。
それから部屋に戻る瞬間、サンダルが滑って膝を強打した。
俺はサンダルに向かって「このクソサンダルが!」と罵声を浴びせかけたのでした。

【次回のVJ】
2014.02.09 (Sun)
『SOUNDGARDEN2014 Prelude”潜み音の庭” 第二夜』@大宮HISOMINE
nego / Genius P.J’s / nei / oii / シキサイパズル / 花とワルツ。 / START OF THE DAY

美味いもの

/ Blog Post Your Comment

特に最近面白いことが起きていないので書くことがない。。。

tumblr_mzjuecvgmJ1rr2ywwo1_500

なので、最近食べた美味いもの。

生ウニいくら生パスタ。

「魚酎」という明大前の居酒屋のメニュー。

すこぶるうまい。
だが、脂質異常症の俺にとってもっとも食べてはならないものなのだ。
なので、次に食べるのは来年ってことにしよう。

3 / 712345...Last »